タグ検索:ベガ・ホール


1980年(昭和55年)8月21日に、音楽専用ホールとして開館した宝塚ベガ・ホールは、パイプオルガンを備え、世界的なアーティストの公演や、市民の発表会の場として、たくさんの皆さまに親しまれてきました。
2020年8月には、開館40周年を迎えます。それを記念し、「ベガ・ホールの40周年記念ロゴ」のデザインを募集します。


宝塚国際室内合唱コンクールとは

English


合唱の原点といえる“少人数による室内合唱”の普及、また、音楽を通した国際交流の推進に資する目的で、1984年から開催している「宝塚国際室内合唱コンクール」。金、銀、銅賞と総合1位~3位を目指して競います。合唱を愛する人々が、国境を越え、聴衆も一体となって音楽の楽しさを分かち合う、宝塚から発信する合唱の祭典です。


第36回宝塚国際室内合唱コンクール


コンクール
2020年7月18日(土)、19日(日)
各日午前10時開始

グランプリコンクール
2020年7月19日(日)
午後1時開始

開催部門
◆ジュニア部門
◆シニア部門
◆同声部門
◆混声部門
◆無差別級部門

会場
宝塚ベガ・ホール (阪急電車 宝塚線 清荒神駅前)

主催
宝塚市、(公財)宝塚市文化財団、宝塚国際室内合唱コンクール委員会

後援(予定)
兵庫県、宝塚市教育委員会、朝日新聞社、NHK神戸放送局
全日本合唱連盟、兵庫県合唱連盟、宝塚市国際交流協会、宝塚合唱連盟


協力




第36回宝塚国際室内合唱コンクール 概要

◆日 時
コンクール   
2020年
7月18日(土)10:00~(シニア、同声、混声、無差別級)
7月19日(日)10:00~(ジュニア)
グランプリコンクール
7月19日(日)13:00~

◆会 場 
宝塚ベガ・ホール

◆主 催
宝塚市・(公財)宝塚市文化財団・宝塚国際室内合唱コンクール委員会

◆後援(予定) 
兵庫県、宝塚市教育委員会、全日本合唱連盟、朝日新聞社
NHK神戸放送局、兵庫県合唱連盟、宝塚市国際交流協会、宝塚合唱連盟

◆開催部門    
ジュニア、シニア、同声、混声、無差別級の5部門

◆参加資格

【ジュニア部門】
・人数 8名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢 19歳以下(2001年4月1日以降生まれ)
・混声、女声、男声を問わない
・演奏時間 曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料20,000円+個人登録料1人1,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月19日開催のジュニア部門入場券を含む、ただしグランプリコンクールは含まない

【シニア部門】
・人数 8名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢 50歳以上(1970年3月31日以前生まれ)で、メンバーの平均年齢が60歳以上であること
・混声、女声、男声を問わない
・演奏時間 曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【同声部門】
・人数 8名以上20名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・女声または男声
・演奏時間は曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【混声部門】
・人数 8名以上20名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・混声
・演奏時間は曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【無差別級部門】
・人数 4名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・混声、女声、男声は問わない
・演奏時間は曲間を含み6分00秒以内とする
・演奏条件
a) なし(自由)
・参加費:
団体登録料10,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む
・無差別級部門のみ聴衆審査

メンバーは同一部門内の複数の合唱団に参加することはできない。ただし、指揮者及び伴奏者はこの限りではない。

◆伴奏楽器    
ピアノは用意する(内部奏法等の特殊奏法はお断りします)。
その他の楽器を使用する場合は事前にコンクール委員会の許可を得ること。

◆表   彰   
コンクールの各部門ごとに金、銀、銅賞を授与し、グランプリコンクール出場団体のうち、
総合で第1位(50万円)、第2位(30万円)、第3位(10万円)に賞金を授与する(無差別級部門を除く)。
(第1位~3位の受賞団体は重複しない。)
グランプリコンクール出場団体のうち、最高位の国内団体に兵庫県知事賞を授与する。
シニア部門の最も優れた団体に「宝塚市長賞」を、ジュニア部門の最も優れた団体に「宝塚市教育長賞」を授与する。
無差別級部門は、最も得票数の多かった団体に「聴衆賞」を授与する。 

◆グランプリコンクール
出場団体 各部門より2団体程度(無差別級部門を除く)
出場人数 各部門の規定人数を上限とする
演奏曲目 予選で演奏した曲とは異なる曲を1曲は入れる(予選での演奏条件は必須ではない)
演奏時間 15分以内
※出場団体として選出された団体は、7月19日に行われるグランプリコンクールに参加すること。

◆予備審査 
予備審査をコンクール委員会で行い、コンクール出場の可否及び出演順を決定する。

◆音楽著作権使用料 
コンクールで演奏される曲目の音楽著作権使用料(消費税含)は、その総額を均等に按分のうえ、全団体 
で負担する。

◆審査員(ABC順)
松村 努、向井 正雄、なかにし あかね、斉田 好男、洲脇 光一、Chia Fen Weng、ほか1名(予定)

◆その他  
(1)コンクール委員会は、宝塚市内で活動する団体に対して出場枠を設けることができる。
(2)ピアノのピッチは442Hzで用意する。


2019年度(第35回)は、ルネサンス・バロック部門、ロマン派部門、近現代部門、無差別級部門の4部門を実施しました。

◆総合1位
近現代部門 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

◆総合2位
近現代部門 Taichung Chamber Choir(台湾)

◆総合3位
近現代部門 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)

◆兵庫県知事賞(国内団体の最高位)
近現代部門 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)


~ルネサンス・バロック部門~
金賞 Taichung Chamber Choir(台湾)

金賞 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

銀賞 室内合唱団”零”(広島県)


~ロマン派部門~
銀賞 Ensemble Carpe Diem(兵庫県)

銅賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

銅賞 安積合唱協会(福島県)


~近現代部門~
金賞 Taichung Chamber Choir(台湾)

金賞 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

銀賞 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)

銅賞 ばーれんこーる(長野県)

銅賞 室内合唱団”零”(広島県)

銅賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

~無差別級部門~
Youth Chamber Chorus of the schola cantorum weimar(ドイツ)



審査講評


Brady Allred

このコンクールの審査に加わりましたことを光栄に思います。
代表して、審査員一同の意見をのべさせていただきます。

35年間続いているこの宝塚のコンクールですが、とても高いレベルを保っていると思います。コンテストに参加するため、曲を学び、準備することで、合唱団のレベルを押し上げていると思います。
皆様の更なるレベルアップのために、審査員一同のコメントをお話します。
まず、ロマン派についてですが、言葉を勉強し、正しい発音(母音・子音)をしてください。それは、曲の理解・色付け・フレーズに影響します。他の時代についても当たるのですが、全ての時代、一言一言の意味を理解することが感情に影響します。例えば、「痛い」という歌詞で、微笑みながらでは歌えないようなことです。世界中、どこでも大切なのは音程です。和声・ハーモニー・音のバランスも大切です。
次に、指揮者の皆様にですが、いい耳を持ってください。特に加えられた音のバランスを聴く耳を持ってほしいと思います。そして、テクニックで音楽を示してください。良い合唱は、どのような様式・言葉でも表現できます。ですので、言葉の勉強をしてください。

ありがとうございました。


ラモーのクラヴサン・コンセール~調和の華~

フランス王室作曲家ラモーの作品を、古楽器のアンサンブルでお楽しみいただきます。

【出演】
中田 聖子(チェンバロ)
中西 歩(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
河内 知子(バロック・ヴァイオリン)

【曲目】
ジャン=フィリップ・ラモー作曲
「新しいクラヴサン組曲」より『ガヴォット』『凱旋』
「クラヴサン・コンセール 第5番」ほか


募集概要

■募集パート
ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス
※VJEではヴァイオリンパートの団員にも交替でヴィオラを経験していただくことがあります。

■募集対象と応募条件
○宝塚市内在住・在学、もしくは阪神地区在住の小学4年生から20歳以下の方。
○現在レッスンを受けている方。

■活動内容
練習:原則毎月3回木曜日の18:30-20:30、ソリオホールまたはベガ・ホールの会議室にて練習。
コンサート:3月にベガ・ホールにて開催予定。
※夏休みや春休みには練習日を追加することがあります。

■団費
6,000円/月(楽譜代含む)
※コンサートの際には、別途出演料ならびにチケット代がかかります。

■指導者
石川誠子、中田潔子(ヴァイオリン)

■入団オーディションについて
(1) 書類審査及び実技・面接を経て決定します(オーディション参加は無料)。
(2) 実技内容:「ヘンデルのソナタ」程度以上の曲を演奏
(3) 日時:2020年4月12日(日) 14:00~
(4) 会場:ソリオホール307音楽室(最寄JR・阪急宝塚駅)

■募集期間 
2020年2月1日(土)~4月5日(日)必着

■お申し込み方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、ベガ・ホールまで持参または郵送にてご提出ください。
応募用紙はダウンロードしていただくか、ホールまでご請求ください(郵送の場合は84円切手同封)。

■練習見学も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■応募用紙



■主催:公益財団法人宝塚市文化財団
■お問い合わせ
宝塚ベガ・ホール ベガ ジュニア アンサンブル係
〒665-0836 宝塚市清荒神1-2-18
TEL. 0797-84-6192
FAX. 0797-84-9772 
E-mail vegahall@takarazuka-c.jp