タグ検索:ベガ・ホール , 音楽

宝塚国際室内合唱コンクールとは

English


合唱の原点といえる“少人数による室内合唱”の普及、また、音楽を通した国際交流の推進に資する目的で、1984年から開催している「宝塚国際室内合唱コンクール」。金、銀、銅賞と総合1位~3位を目指して競います。合唱を愛する人々が、国境を越え、聴衆も一体となって音楽の楽しさを分かち合う、宝塚から発信する合唱の祭典です。


第36回宝塚国際室内合唱コンクール


コンクール
2020年7月18日(土)、19日(日)
各日午前10時開始

グランプリコンクール
2020年7月19日(日)
午後1時開始

開催部門
◆ジュニア部門
◆シニア部門
◆同声部門
◆混声部門
◆無差別級部門

会場
宝塚ベガ・ホール (阪急電車 宝塚線 清荒神駅前)

主催
宝塚市、(公財)宝塚市文化財団、宝塚国際室内合唱コンクール委員会

後援(予定)
兵庫県、宝塚市教育委員会、朝日新聞社、NHK神戸放送局
全日本合唱連盟、兵庫県合唱連盟、宝塚市国際交流協会、宝塚合唱連盟


協力



募集概要

■募集パート
ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス
※VJEではヴァイオリンパートの団員にも交替でヴィオラを経験していただくことがあります。

■募集対象と応募条件
○宝塚市内在住・在学、もしくは阪神地区在住の小学4年生から20歳以下の方。
○現在レッスンを受けている方。

■活動内容
練習:原則毎月3回木曜日の18:30-20:30、ソリオホールまたはベガ・ホールの会議室にて練習。
コンサート:3月にベガ・ホールにて開催予定。
※夏休みや春休みには練習日を追加することがあります。

■団費
6,000円/月(楽譜代含む)
※コンサートの際には、別途出演料ならびにチケット代がかかります。

■指導者
石川誠子、中田潔子(ヴァイオリン)

■入団オーディションについて
(1) 書類審査及び実技・面接を経て決定します(オーディション参加は無料)。
(2) 実技内容:「ヘンデルのソナタ」程度以上の曲を演奏
(3) 日時:2020年4月12日(日) 14:00~
(4) 会場:ソリオホール307音楽室(最寄JR・阪急宝塚駅)

■募集期間 
2020年2月1日(土)~4月5日(日)必着

■お申し込み方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、ベガ・ホールまで持参または郵送にてご提出ください。
応募用紙はダウンロードしていただくか、ホールまでご請求ください(郵送の場合は84円切手同封)。

■練習見学も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

■応募用紙



■主催:公益財団法人宝塚市文化財団
■お問い合わせ
宝塚ベガ・ホール ベガ ジュニア アンサンブル係
〒665-0836 宝塚市清荒神1-2-18
TEL. 0797-84-6192
FAX. 0797-84-9772 
E-mail vegahall@takarazuka-c.jp



次代の我が国の音楽界の担い手たる演奏家を発掘しようと1989(平成元)年からスタートした宝塚ベガ音楽コンクール。日本はもちろん海外でも活躍するアーティストを多数輩出しています。
(公財)宝塚市文化財団はベガ・ホールから巣立ったアーティストたちの活動を応援しています。


入賞者プロフィール


ピアノ部門

声楽部門

弦楽器部門

木管部門


入賞団体(第33回~)

海外団体 過去の参加状況


第1回~第32回の入賞団体一覧


第1回(1984年)


総合1位
京都アカデミー合唱団(京都府)
総合2位
合唱団「六月の歌声」(宮城県)
総合3位
クロスロードシンガーズ(東京都)

第2回(1985年)

総合1位
コール・マルベリー(神奈川)
総合2位
京都アカデミーカンマーコア(京都府)
総合3位
L.S.O.T・シニアーコアー(東京都)

第3回(1986年)

総合1位
SCHOLA CANTORUM GEDANENSIS(ポーランド)
総合2位
SCHOLA CANTORUM GEDANENSIS(ポーランド)
総合3位
GHUGYE MADRIGAL SINGERS(大韓民国)

第4回(1987年)

総合1位
Korea Christian Women's Chor(大韓民国)
総合2位
コール・マルベリー(神奈川県)
総合3位
グレイスシンガーズ(兵庫県)

第5回(1988年)

総合1位
北京放送合唱団 女声合唱(中国)
総合2位
Antwerp Bach Choir(ベルギー)
総合3位
京都アカデミー合唱団(京都府)

第6回(1989年)

総合1位
PRO MUSICA CHAMBER CHOIR(スウェーデン)
総合2位
MIWO Madrigal Singers(岐阜県)
総合3位
京都アカデミー合唱団(京都府)

第7回(1990年)

総合1位
Jauna Muzika(リトアニア)
総合2位
京都アカデミー合唱団(京都府)
総合3位
コール・マルベリー(神奈川県)

第8回(1991年)

総合1位
エストニアフィルハーモニック室内合唱団(エストニア共和国)
総合2位
21世紀女声合唱団(大韓民国)
総合3位
京都アカデミーカンマーコア(京都府)

第9回(1992年)

総合1位
フィグラル合唱団(ドイツ)
総合2位
アルメニア放送室内合唱団(アルメニア)
総合3位
長庚室内合唱団(台湾)

第10回(1993年)

カテゴリ-A
 総合1位
  ヤウナムジカ(リトアニア)
 総合2位
  京都アカデミー合唱団(京都府)
 総合3位
  長庚室内合唱団(台湾)
カテゴリ-B
 総合1位
  ヤウナムジカ(リトアニア)
 総合2位
  長庚室内合唱団(台湾)
 総合3位
  京都アカデミー合唱団(京都府)
グランプリ
 ヤウナムジカ(リトアニア)

第11回(1994)

総合1位
 VANCOUVER CHAMBER CHOIR(カナダ)
総合2位
 In Cantores Male Choir(大韓民国)
総合3位
 MIWO Madrigal Singers(岐阜県)

第12回(1995)

総合1位
 The Girls' Choir"ELLERHEIN"(エストニア)
総合2位
 ミオヴォーカルアンサンブル(岐阜県)
総合3位
 ミオレディースアンサンブル(岐阜県)

第13回(1996)

総合1位
 ERIK WESTBERGS VOKALENSEMBLE(スウェーデン)
総合2位
 花の環コーラス(千葉県)
総合3位
 TWILIGHT BELLS(大阪府)

第14回(1997)

総合1位
 仁川女性文化センター合唱団(大韓民国)
総合2位
 《EST》シンガーズ(三重県)
総合3位
 長庚室内合唱団(台湾)

第15回(1998)

総合1位
 長庚室内合唱団(台湾)
総合2位
 Vocal Group "Muzika"(リトアニア)
総合3位
 廣青合唱団(台湾)

第16回(1999)

総合1位
 スバンホルムシンガーズ(スウェーデン)
総合2位
 ギルトン・カレッジ・チャペル・クワイヤー・ケンブリッジ(イギリス)
総合3位
 《EST》シンガーズ(三重県)

第17回(2000)

総合1位
 《EST》シンガーズ(三重県)
総合2位
 アンサンブル・ビクトリア(東京都)
総合3位
 アコール《EST》(三重県)

第18回(2001)

総合1位
 オックスフォード大学スコラ・カントゥラム(イギリス)
総合2位
 カンティカム・メル(ベネズエラ)
総合3位
 Ensemble Vine(京都府)

第19回(2002)

総合1位
 モラン女声合唱団(イスラエル)
総合2位
 《EST》シンガーズ(三重県)
総合3位
 合唱団まい(長野県)

第20回(2003)

総合1位
 なにわコラリアーズ室内アンサンブル(大阪府)
総合2位
 Taipei Male Choir(台湾)
総合3位
 Ensemble Vine(京都府)

第21回(2005)

総合1位
 《EST》シンガーズ(三重県)
総合2位
 オランダユース合唱団(オランダ)
総合3位
 フォルモサ合唱団(台湾)

第22回(2006)

入賞
 TWILIGHT BELLS(大阪府)

第23回(2007)

総合1位
 《EST》シンガーズ(三重県)
総合2位
 Muller Chamber Choir(台湾)
総合3位
 Choeur Chene(奈良県)

第24回(2008)

総合1位
 TWILIGHT BELLS(大阪府)
総合2位
 ウィスティリア アンサンブル(北海道)
総合3位
 《EST》メンズクワイヤ(三重県)

第25回(2009)

総合1位
 Taipei Male Choir(台湾)
総合2位
 Lirica(ベルギー)
総合3位
 Guinness Singers(大阪府)

第26回(2010)

総合1位
 Guangdong Experimental Middle School Choir(中国)
総合2位
 Taipei Ladies Singers(台湾)
総合3位
 TWILIGHT BELLS(大阪府)

第27回(2011)

総合1位
 愛知高等学校(愛知県)
総合2位
 和歌山児童合唱団(和歌山県)
総合3位
 安積合唱協会(福島県)

第28回(2012)

総合1位
 愛知高等学校(愛知県)
総合2位
 ReChords Vocal ensemble(インドネシア)
総合3位
 JCDAユース合唱団(大阪府)

第29回(2013)

総合1位
 Guangdong Experimental High School Choir(中国)
総合2位
 The Cygnus Vocal Octet(東京都)
総合3位
 愛知高等学校(愛知県)

第30回(2014)

総合1位
 愛知高等学校(愛知県)
総合2位
 The Singers Vocal Ensemble(シンガポール)
総合3位
 アコール《EST》(三重県)

第31回(2015)

総合1位
 Aleron(フィリピン)
総合2位
 豊田市少年少女合唱団ユース(愛知県)
総合3位
 Johor Bahru Chamber Choir(マレーシア)

第32回(2016)

総合1位
 Youth Choir "Kamer..."(ラトビア)
総合2位
 Collegium Vocale Seoul(韓国)
総合3位
 Youth Choir "Kamer..."(ラトビア)
聴衆審査特別賞
 Youth Choir "Kamer..."(ラトビア)

第33回(2017)

総合1位
 IMUSICAPELLA(フィリピン)
総合2位
 IMUSICAPELLA(フィリピン)
総合3位
 VOCI BRILLANTI(愛知県)



■平成19年度
 2008年 3月23日 1stコンサート   場所:宝塚ベガ・ホール


1st コンサート


■平成20年度
 2008年 4月13日 街かどコンサート 場所:クラブアピア     
 2009年 3月22日 2ndコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


街かどコンサート

2ndコンサート


■平成21年度
 2009年 11月14日 第6回音楽回廊  場所:ソリオメインプラザ
 2010年 3月21日 セルカdeまつり 場所:花のみちセルカ
       3月27日 3rdコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


第6回音楽回廊

セルカdeまつり


3rdコンサート


■平成22年度
 2011年 3月27日 4thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


4thコンサート


■平成23年度
 2011年 4月13日 武庫川倶楽部 定例夕食会 場所:宝塚ホテル
       5月15日 神戸外国倶楽部チャリティーコンサート 場所:神戸外国倶楽部
       11月23日 ザ・ビートルズ・クラシックス/1966カルテット 場所:宝塚ベガ・ホール
 2012年 3月25日 5thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール 


神戸外国倶楽部

ザ・ビートルズ・クラシックス


5thコンサート


■平成24年度
 2012年 5月20日 神戸外国倶楽部チャリティーコンサートvol.2 場所:神戸外国倶楽部
       9月27日 秋の発表会 場所:宝塚ベガ・ホール リハーサル室
       11月11日 HANKITAこども文化フェスタ 場所:川西アステホール
 2013年 3月24日 6thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


神戸外国倶楽部

アステホール


6thコンサート


■平成25年度
 2013年 4月6日 ソリオ宝塚20周年Birthdayコンサート 場所:ソリオメインプラザ
       8月31日 夏の発表会 場所:宝塚文化創造館
 2014年 3月23日 7thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


ソリオ宝塚20周年Birthdayコンサート

7thコンサート


■平成26年度
 2014年 8月9日 ロシア総領事館コンサート 場所:ロシア総領事館(豊中市)
       9月28日 秋の発表会 場所:宝塚ベガ・ホール
       12月21日 音で祝う♪アニバーサリーコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール
 2015年 3月22日 8thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


ロシア総領事館

アニバーサリーコンサート


8thコンサート


■平成27年度
 2015年 8月27日 夏の発表会 場所:宝塚ベガ・ホール
 2016年 3月20日 9thコンサート 場所:宝塚ベガ・ホール


9thコンサート(1)

9thコンサート(2)


活動内容

原則、月に3回、木曜日の夜に宝塚駅前のソリオホール会議室、または阪急清荒神駅前のベガ・ホール会議室で行う定期練習、年に1回、ベガ・ホールで開催する定期演奏会を主な活動予定としています。また夏休みや冬休みには練習日の変更や、特別練習などを行います。
2016年4月現在、メンバー14人が在席しています。

運営体制

アンサンブルには直接の指導や音楽、楽器など全般にわたる助言など、専門家が必要な局面が多くあります。幸い宝塚には、クラシック音楽家の組織である宝塚演奏家連盟があり、同連盟に所属する音楽家の全面的なバックアップがジュニア アンサンブル設立の大きな原動力となっているのです。
指導や楽器の管理といった技術面で連盟所属の音楽家を中心にしたスタッフ体制を組み、連絡調整などを担当する宝塚市文化財団と緊密なパートナーシップを持って運営にあたるとともに、将来的には文化ボランティアの登用など、こういった企画主旨に賛同し、子どもたちと一緒に頑張っていこうという“心”を持った人々もまきこんで活動を推進していきたいと考えています。
そして、子どもたちの活発な活動に不可欠な、保護者の方々をはじめとするご家族の理解と協力を得るため、アンサンブルをサポートしていただきます。

指導者

【指導者】 石川 誠子・中田 潔子(ヴァイオリン)、高島 三男(ヴィオラ)
【常任指揮者】 木許 裕介
        オフィシャルウェブサイト:Nuit Blanche(http://y-kimoto.com/)


Vega Junior Ensemble(VJE)とは


「音楽のある街づくり」の新たなる取り組み


 宝塚市は、「音楽のある街づくり」を掲げ、昭和55年に全国に先駆けて音楽専用ホールのベガ・ホールを建設し、また、宝塚ベガ音楽コンクールや宝塚国際室内合唱コンクールの開催をはじめ多彩な文化事業を実施し、住民の皆様の文化活動のバックアップ及び音楽文化の発展・向上に努めてまいりました。さらに平成6年度には宝塚市文化振興財団が設立され、より充実した文化活動を展開しようとしておりました。
 その矢先、平成7年1月にあの阪神・淡路大震災が勃発し、宝塚市も甚大な被害を蒙り、喫緊の課題である震災復興事業への取組みのため、宝塚市の文化事業予算については縮小を余儀なくされ、財団の活動も大きく後退せざるを得ませんでした。
 しかしながら、文化事業に対する住民の皆様の要望は強く、また特に、明日の活力となる次世代へのアプローチの必要性については論を待ちません。
 そのような環境、時代の流れの中で、財団では、地域の子どもたち、青少年の皆さんに、音楽活動を通して演奏する楽しさや、合奏による協調性、音楽を完成させたときの達成感を知ってもらうとともに、人と人との触れ合いや、演奏による地域社会への参加などを経験して欲しいと願い、2007年「ベガ ジュニア アンサンブル(VJE)」を設立致しました。

ベガ・ホールならではのアンサンブルを発信

 編成は、室内楽に最適な環境を持つベガ・ホールの特性を活かし、大規模なオーケストラではない、小編成のアンサンブルとします。
 ホールの特性に合った室内楽スタイルはまた、大オーケストラに比べより緊密なアンサンブルが要求されることから、“人と人との調和を学ぶ” 教育的な側面もより強くなると考えています。

過去の演奏 -YouTube-