宝塚ベガ音楽コンクール

宝塚ベガ音楽コンクールは、有能な演奏家を発掘・育成し、もって音楽文化の発展、向上に寄与することを目的として、1989年(平成元)年から実施しております。
 次代の我が国の音楽界の担い手たる演奏家を発掘しようとするもので、過去の入賞者には佐野成宏(テノール・第3回第1位)や高木綾子(フルート・第11回第1位)といった現在の日本クラシック音楽界を牽引する人材を輩出している実績があり、水準の高いコンクールとして評価を頂いております。


宝塚ベガ音楽コンクール