タグ検索:宝塚文化創造館

次回の抽選会
日時:2022年9月1日(木)14:00~
場所:宝塚文化創造館
(場所の詳細は、当日1階にご案内を掲示します) 

抽選会のご利用対象月は下記の通りです。
ホール 2日以上連続利用  2023年  6月
ホール 1日利用      2023年  5月

*ご注意*
ホールを連続して利用される場合、利用日が翌月にまたがる場合は併せてお申し込みが可能です。
ホール練習利用とレッスンルームは先着順での受付となります。
9月1日に申し込み受け付け開始となるのは下記の月です。
ホール 練習利用     2022年  12月
レッスンルーム 一般   2023年  3月

お時間にゆとりを持ってご参加くださいませ。
ご理解・ご協力よろしくお願い申し上げます。



●講堂ホールの空き状況(2022年10月~2023年5月)


ファイルを開く

 ↑クリックしてください。

●練習利用・マイレッスンタイム 講堂ホールの空き状況(2022年8月~11月)


ファイルを開く

 ↑クリックしてください。

●レッスンルームの空き状況(2022年8月~2023年2月)


ファイルを開く

 ↑クリックしてください。




宝塚音楽学校 煌めきの文化祭

会期 2022年4月29日(金・祝)~2023年4月16日(日)


宝塚音楽学校の文化祭は、宝塚バウホールで3日間にわたって公演される卒業公演。生徒たちは、音楽学校で学んだ厳しい2年間のレッスンの成果を花開かせ、舞台は煌めきに包まれます。一生懸命レッスンに励んだ成果と自身の成長、そして温かく見守り支えてくださった方々に大きな舞台で披露する初めての機会であり、舞台人としてのスタートラインでもあります。
培った友情と輝かしい未来への希望を胸に、スタートラインに立つ姿と、支える音楽学校校長や講師陣の日々の教えなどのインタビューを交え、文化祭に込める想いをご紹介します。


展示物


<企画展部分>宝塚音楽学校文化祭とは パネル


<企画展部分>文化祭場面ショット


<企画展部分>プログラム


<常設部分>公演衣裳


<常設部分>デジタルサイネージ


<企画展部分>調光体験


 


■すみれミュージアム特別映像 『すみれの花が育つ学舎 宝塚音楽学校~煌めきの文化祭~ 』 初公開
■100期~108期生までの文化祭の公演写真とプログラム
■文化祭の歴史や当時の様子がわかる記事
■音楽学校 文化祭のインタビューパネル
 ・文化祭とは <音楽学校 校長 中西達也氏>
 ・文化祭の演出について <文化祭総合演出 三木章雄氏>
 ・音楽学校での教え   舞踊<モダンダンス担当講師 尚すみれ氏…元雪組男役・宝塚歌劇団振付家>
             演劇<演劇担当講師 渡辺奈津子氏…元星組トップスター 紫苑ゆう>
             音楽<音楽担当講師 吉田優子氏…宝塚歌劇団作曲家>
■108期生の卒業写真<常設部分に展示>
■常設展では、デジタルサイネージを導入!大正13年から現在までのポスターを大画面で検索いただけます。


上映ラインナップ


企画展上映


上映タイトル 上映内容 上映時間
『すみれの花が育つ学舎 煌めきの文化祭』 108期生の文化祭を中心に、宝塚音楽学校の教えを支える音楽学校校長や講師陣のインタビューを交え、文化祭に込める想いをご紹介します。 10:30~
15:15~
(20分間)

その他の上映


上映タイトル

上映内容

上映時間
 『宝塚音楽学校 100年の伝統と歴史』  宝塚音楽学校の伝統と歴史をまとめた映像の上映。(著作:宝塚音楽学校)

15:50~

(10分間)

『宝塚歌劇 想い出の新人公演』

(土・日・祝のみ上映)
宝塚歌劇の新人公演を、ダイジェスト映像でご紹介します。『Romance de Paris』他

11:30~

(70分間)

『街と宝塚歌劇』

(土・日・祝のみ上映)
街と宝塚歌劇の変遷を、貴重な映像で振り返ります。昭和10年の各駅の風景や宝塚ファミリーランドの貴重な映像を詰め込んだ特別映像です。

13:30~

(20分間)

『宝塚歌劇ができるまで 宝塚のツボ「衣装・舞台機構編」』

(土・日・祝のみ上映)
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着した当館オリジナル映像。
2011年10月 大空祐飛 主演 宙組公演「クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!(ナイスガイ)」の公演の様子とともにご覧頂けます。

14:15~

(30分間)


協力/宝塚市・阪急電鉄株式会社・宝塚歌劇団・宝塚音楽学校・(公財)阪急文化財団・株式会社宝塚クリエイティブアーツ・株式会社宝塚舞台


宝塚花のみち 夢見るパス2022


 宝塚の花のみちで
  夢見ることができる・・・
   夢を感じられる・・・
 3つのスポットを回遊できるパスポート



販売期間/利用期間


販売期間 2022年4月1日(金)~2023年1月31日(火)※予定販売数で販売終了

新型コロナウィルス感染症の状況により、休館する場合があります。
ご購入はできますが、利用期間内の休館情報や入場制限情報などをご確認ください。
いったん購入してからの払い戻しはできません。ご了承ください。


利用期間 2022年4月1日(金)~2023年2月20日(月)
        


開館情報・休館情報

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にともない、各施設で休館が行われている場合がございます。

利用施設の開館・入場に際してのお願いなど、最新情報は、各施設のホームページでご確認をお願いします。

手塚治虫記念館

宝塚歌劇の殿堂

すみれ♪ミュージアム


文化創造館の講堂ホールを使って練習しよう!



練習制度について

宝塚文化創造館 講堂ホールでは、皆様の創作活動をサポートするため、2種類の割引プランをご用意しております。

●練習利用 <団体向けの練習プラン> 
… 区分単位の割引プランです。 講堂ホール、バレエ教室、日舞教室を特別価格にてご利用いただけます。

●マイレッスンタイム <個人向けの練習プラン>
… 時間単位の割引プランです。(1~3名様までならこちらがお得!)
  個人練習にホールのステージをご利用いただけるプランです。
  ピアノもご利用いただけ、学生なら更におトクな学割も有ります。


ご利用の流れ


●練習利用
 《事前登録・登録証の発行》→《利用申請》→《利用料金のお支払い》→《利用許可書の発行》→《ご利用日当日》

●マイレッスンタイム
 《事前登録・登録証の発行》→《利用予約》→《利用料金のお支払い》→《利用許可書の発行》→《ご利用日当日》



街と宝塚歌劇~阪急沿線 駅ごとの風景~

会期 2021年4月24日(土)~2022年4月18日(月)


1910年3月10日に梅田駅~宝塚駅間と石橋駅~箕面駅間を同時開業させ、のちの阪急電鉄(阪急阪神ホールディングス)である箕面有馬電気軌道が生まれました。1921年に、宝塚と西宮を繋ぐ西宝線(現:今津線)が開通。2021年はちょうど100年を迎えます。宝塚市内をはしるこれらの沿線には、これまで多くの物語が生まれ、宝塚の街は宝塚歌劇ともに手をとり発展をとげてきました。
この発展の様子を映像と絵はがきなど、貴重な資料で振り返ります。そして、宝塚の街がこれからも活気あふれる街であるように<過去>から<未来>へ宝塚の街の風景やエピソードをご紹介します。


展示物


<企画展部分>平川コレクション 絵はがき(レプリカ)


<企画展部分>宝塚エピソードマップ


<企画展部分>空中写真


<常設部分>公演衣裳


<常設部分>デジタルサイネージ


<企画展部分>調光体験


 


■オリジナル映像 『街と宝塚歌劇 阪急沿線 駅ごとの風景』 初公開
■宝塚エピソードマップ  漫画家 細川貂々書き下ろしのイラストあり
■宝塚の空中写真の比較展示
■平川コレクションより 絵はがき(レプリカ)
 ・東洋一のダンスホールと言われた宝塚会館の内観を含む絵はがき
 ・沿線開発の一環として小林一三が開発を手がけた郊外型分譲住宅のアイデアを感じる事のできる絵はがき
 ・梅田駅の開業当初の梅田駅や箕面駅の絵はがき 等
■常設展では、デジタルサイネージを導入!大正13年から現在までのポスターを大画面で検索いただけます。


上映ラインナップ


企画展上映


上映タイトル 上映内容 上映時間
『街と宝塚歌劇 阪急沿線 駅ごとの風景』 街と宝塚歌劇の変遷を、貴重な映像で振り返ります。昭和10年の各駅の風景や宝塚ファミリーランドの貴重な映像を詰め込んだ特別映像です。 10:30~
15:15~
(20分間)

その他の上映


上映タイトル

上映内容

上映時間
 『宝塚音楽学校 100年の伝統と歴史』  宝塚音楽学校の伝統と歴史をまとめた映像の上映。(著作:宝塚音楽学校)

15:50~

(10分間)

『宝塚歌劇 想い出の新人公演』

(土・日・祝のみ上映)
宝塚歌劇の新人公演を、ダイジェスト映像でご紹介します。『Romance de Paris』他

11:30~

(70分間)

『初舞台ラインダンス特集』

(土・日・祝のみ上映)
宝塚音楽学校の2年間をともに歩んできた同期と夢の舞台に立つ初舞台・・・。舞台人としての第一歩であり、同期が揃う”最初で最後の舞台”である。彼女たちは、ラインダンスに何を込めてステージに立つのか?

13:30~

(20分間)

『宝塚歌劇ができるまで 宝塚のツボ「衣装・舞台機構編」』

(土・日・祝のみ上映)
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着した当館オリジナル映像。
2011年10月 大空祐飛 主演 宙組公演「クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!(ナイスガイ)」の公演の様子とともにご覧頂けます。

14:15~

(30分間)


協力/宝塚市・阪急電鉄株式会社・宝塚歌劇団・宝塚音楽学校・(公財)阪急文化財団・株式会社宝塚クリエイティブアーツ・株式会社宝塚舞台・宝塚市立中央図書館・西宮市立中央図書館・平川義浩・細川貂々・エイチ・アンド一級建築士事務所


かつての宝塚音楽学校の講堂を、ピアノ、室内楽、合唱、ダンスなどの練習で利用しませんか?

宝塚文化創造館では、講堂(文化交流ホール)での練習利用の受付を行っております。
舞台に加えて、客席はイスがないフラットな状態での利用ができますので、広いスペースでの練習が可能です。

※利用料金が通常料金より安くなります。

※利用月の3ヶ月前からの受付です。

詳しくは、宝塚文化創造館(0797-87-1136)まで問い合わせください。

(バレエ教室、日舞教室の練習利用も随時受付しております。)



ファイルを開く

ご案内チラシ(PDFファイル)