財団概要

宝塚市文化財団の概要


名称公益財団法人 宝塚市文化財団
事務所宝塚市栄町2丁目1番1号 ソリオ1・3F
目的当財団は、地域住民の自主的な参加を得て、地域の文化活動に資する事業を行うとともに、地域住民にすぐれた芸術文化を提供し、もって地域文化の創造及び発展に寄与することを目的としています。
事業当財団法人では、次の事業を行います。
(1)芸術文化鑑賞事業等の開催
(2)地域の芸術文化活動の育成及び援助
(3)地域の文化に関する情報の収集及び提供
(4)芸術文化施設の管理運営
(5)その他目的を達成するために必要な事業
財産基本財産 401,491,090円(設立時 3億円)
なお、基本財産はその全額を宝塚市が出捐しています。
設立者宝塚市東洋町1番1号
宝塚市
設立年月日兵庫県教育委員会の許可を受け、平成6年4月1日に設立
URLhttps://takarazuka-c.jp/

所在地


組織


沿革


平成 6年(1994年)4月市制40周年を機に(財)宝塚市文化振興財団設立。市民会館、ベガ・ホール、ソリオホールの管理運営を開始。
平成 7年(1995年)1月阪神淡路大震災により各施設被害を受ける。
平成 9年(1997年)3月震災の影響により市民会館閉館。
平成13年(2001年)2月ベガ・ホール20周年記念事業実施。
平成16年(2004年)4月市制50周年、財団設立10周年。
平成18年(2006年)4月指定管理者制度移行に伴い、ベガ・ホール、ソリオホールの指定管理者となる。
平成22年(2010年)3月「宝塚市文化振興財団第1次中期振興ビジョン」策定(計画期間:2010年4月~2015年3月)
平成22年(2010年)8月ベガ・ホール30周年記念事業実施。
平成23年(2011年)4月宝塚市立宝塚文化創造館(宝塚音楽学校旧校舎)の管理運営を受託。
平成24年(2012年)4月公益財団法人に移行し、名称を「宝塚市文化財団」とする。
平成26年(2014年)4月市制60周年、財団設立20周年を迎える。20周年記念事業実施。
平成28年(2016年)3月「宝塚市文化財団第2次中期振興ビジョン」策定(計画期間:2016年4月~2021年3月)
平成31年(2019年)4月財団設立25周年を迎える。

情報公開


ファイルを開く

定款

ファイルを開く

役員名簿

ファイルを開く

評議員名簿

ファイルを開く

役員報酬規程

ファイルを開く

平成30年度正味財産増減計算書

ファイルを開く

平成30年度正味財産増減計算書内訳表

ファイルを開く

平成30年度貸借対照表

ファイルを開く

平成31年度予算書


一般事業主行動計画


ファイルを開く

一般事業主行動計画