プレスリリース

BMW国際指揮コンクールで日本人として初めて優勝した木許裕介さんが指揮


(公財)宝塚市文化財団では、3月24日(日)に宝塚ベガ・ホールにおいて、「ベガ ジュニア アンサンブル12thコンサート」を開催します。
2014年からベガ ジュニア アンサンブルと共演し、現在常任指揮者として定期演奏会の指揮・指導を行っているのは、木許裕介さん。2018年4月には、ポルトガル北部エシュポゼンデで開催されたBMW国際指揮コンクールでコンクールに初挑戦し、日本人として初めて優勝しました。
12thコンサートでは、名作映画のテーマ曲や、バルトークのルーマニア民族舞曲を演奏予定です。ゲストには、国際バッハコンクールのオルガン部門で優勝したオルガニスト・冨田一樹氏を迎え、ハイドンのオルガン協奏曲ほかを演奏します。2人の若き才能の協演、パイプオルガンと弦楽アンサンブルの共演をお楽しみください。
貴媒体におかれましても、この公演を取り上げていただければ幸いです。


ファイルを開く

プレスリリース「ベガ ジュニア アンサンブル 12thコンサート」


関連しているエントリー

  • Vega Junior Ensemble top

    Vega Junior Ensemble(VJE)とは 「音楽のある街づくり」の新たなる取り組み 宝塚市は、「音楽のある街づくり」を掲げ、昭和55年に全国に先駆けて音楽専用ホールのベガ・ホールを建設し、また、宝塚ベガ音楽...