タグを絞り込む : 宝塚文化創造館

宝塚歌劇の設計図 台本と道具帳の世界

演出家によって生み出される台本からはじまり、各セクションが創意工夫をこらした設計図、大道具の道具帳、衣装のデザイン画、照明の構成表などを体感型の展示や貴重な品々、映像など様々な角度からご紹介いたします。

 【会期 2018年4月12日(木)~2019年 4月16日(火)】


上映ラインナップ


宝塚歌劇の設計図

演出家 岡田敬二と装置家 大橋泰弘のインタビューを中心に台本や道具帳などについて 大劇場公演「ロマンス!!(Romance)」や「シトラスの風-Sunrise-」の映像と共にご紹介します。
【上映時間】 ●10:10~ ●14:45~(20分間)

<その他の上映>

宝塚歌劇と音楽の世界 
宝塚歌劇の音楽の歴史と魅力について、演出家 岡田敬二と作曲家 吉﨑憲治のインタビューを
交えながら紐解いていきます。
【上映時間】●10:45~ (20分間)

初舞台 ラインダンス特集 
宝塚音楽学校の2年間をともに歩んできた同期と夢の舞台に立つ初舞台…。 舞台人としての第一歩であり、同期が揃う “最初で最後の舞台” である。 彼女たちは、ラインダンスに何を込めてステージに立つのか?
【上映時間】 ●13:40~ (20分間)

宝塚歌劇ができるまで 「衣裳・舞台機構編」
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着した当館オリジナル映像。 衣装や舞台機構の裏側を、2011年10月 大空祐飛 主演 宙組公演「クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY(ナイスガイ)」の公演の様子とともにご覧頂けます。
【上映時間】 ●14:00~ (30分間)

街と宝塚歌劇
「小さな湯の町」宝塚に宝塚歌劇が生まれ100年以上経ちました。
宝塚の街と宝塚歌劇は互いに手を取り影響しあいながら、発展を遂げてきました。
なつかしい映像や写真とともに、その変遷と想い出をたどります。
【上映時間】 ●15:15~ (20分間)

宝塚音楽学校 100年の伝統と歴史
宝塚音楽学校の伝統と歴史をまとめた映像の上映。
【上映時間】●15:50~ (10分間)


◆2011年7月15日(金)~2011年10月11日(火)
すみれミュージアムグランドオープン特別企画展
演出家 植田紳爾の世界
『ベルサイユのばら』ほか直筆台本など貴重な品々展示・関連作のダイジェスト上映など。

◆2011年10月13日(木)~2012年1月17日(火)
華麗なるミュージカル・ドラマの世界
演出家 柴田侑宏の世界
『仮面のロマネスク』ほか直筆台本・貴重な品々展示、関連作のダイジェスト上映など。

◆2012年1月19日(木)~2012年4月17日(火)
華麗なるロマンチック・レビューの世界
演出家 岡田敬二の世界
『ロマンチック・レビュー』シリーズの台本や貴重な品々展示、
関連作のダイジェスト上映など。

◆2012年4月19日(木)~2012年10月16日(火)
宝塚歌劇ができるまで~デザイン編~
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着しました。
実際に使われた舞台で使われた道具等の展示や、制作現場を取材した映像の上映など。
「大道具・小道具編」
4月19日~7月17日
「衣裳・舞台機構編」
7月19日~10月16日

◆2012年10月18日(木)~2013年4月16日(火)
宝塚歌劇ができるまで~テクニカル編~
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着しました。
公演を支えるスタッフワークと、稽古場の様子を上映。
「舞台進行・音響・照明・オーケストラ編」
10月18日~1月15日
「稽古場編」
1月17日~4月16日

◆2013年4月18日(木)~2014年4月15日(火)
宝塚歌劇音楽祭~想い出の名曲集~
一年に一度、各組のスターが勢揃いして行われる夢の祭典。TMP音楽祭からタカラヅカスペシャルまでポスターやパンフレットなどを展示。関係映像の上映。

◆2014年4月17日(木)~2015年4月14日(火)
宝塚歌劇 想い出の新人公演
新人公演の様子をダイジェストで上映。

◆2015年4月16日(木)~2016年4月12日(火)
「街と宝塚歌劇」

◆2016年4月14日(木)~2017年4月11日(火)
「宝塚歌劇音楽祭~想い出の名曲集2」



宝塚歌劇バックステージツアー
宝塚歌劇の1世紀を超える伝統の中で培われた舞台裏のノウハウや劇場の機構を体感型の展示や貴重な品々、映像など様々な角度からお楽しみください。
また、宝塚音楽学校旧校舎である当館のオリジナル映像として、音楽学校を卒業した同期が揃う「最初で最後の舞台」である「初舞台 ラインダンス特集」もどうぞお楽しみ下さい。

 【会期 2017年4月13日(木)~2018年 4月10日(火)】


上映ラインナップ


初舞台 ラインダンス特集 new!
宝塚音楽学校の2年間をともに歩んできた同期と夢の舞台に立つ初舞台…。 舞台人としての第一歩であり、同期が揃う “最初で最後の舞台” である。 彼女たちは、ラインダンスに何を込めてステージに立つのか?
【上映時間】●10:10~ ●13:30~ (20分間)

宝塚歌劇ができるまで 「衣装・舞台機構編
華やかな舞台の裏側で、お芝居やレビューを支えるスタッフの制作現場に密着した当館オリジナル映像。 衣装や舞台機構の裏側を、2011年10月 大空祐飛 主演 宙組公演「クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY(ナイスガイ)」の公演の様子とともにご覧頂けます。 
【上映時間】●10:30~ ●13:50~ (30分間)

<その他の上映>
宝塚歌劇と音楽の世界 
宝塚歌劇の音楽の歴史と魅力について、演出家 岡田敬二と作曲家 吉﨑憲治のインタビューを
交えながら紐解いていきます。
【上映時間】●11:10~ (20分間)

華麗なる演出家の世界/想い出の新人公演  
●宝塚歌劇演出家の紹介と公演のダイジェスト。
●新人公演をダイジェストにして上映。
【上映時間】●11:45~ ●14:10~ (40~70分間)

街と宝塚歌劇
「小さな湯の町」宝塚に宝塚歌劇が生まれ100年以上経ちました。
宝塚の街と宝塚歌劇は互いに手を取り影響しあいながら、発展を遂げてきました。
なつかしい映像や写真とともに、その変遷と想い出をたどります。
【上映時間】 ●15:15~ (20分間)

宝塚音楽学校 100年の伝統と歴史
宝塚音楽学校の伝統と歴史をまとめた映像の上映。
【上映時間】●15:50~ (10分間)


◆宝塚音楽学校の卒業写真ご提供ください。
お陰様で大分揃って参りましたが、昭和50年以前の卒業写真は、まだ当館にないものが多くございます。
10期以前、12期~28期、31期~36期、38期、42期~43期の卒業写真がまだ揃っておりません。
OGの皆さまをはじめ、関係者の方でお持ちの方は、一度当館までご連絡ください。
また公演写真等をお持ちの方は、当館までご連絡頂けますようお願い致します。
詳しくは、宝塚文化創造館(0797-87-1136)まで。



すみれ♪ミュージアムとは

 宝塚音楽学校での予科・本科の2年間を追った写真や授業で使用された教材の展示、4箇所のモニターで普段見ることのできない実際の授業風景や課外授業などをご覧頂けます。
また、旧宝塚大劇場初演以来の歴代ポスターも一挙に展示!
宝塚歌劇の草創期から現在に至るまでの1世紀を超える歴史を約830点のポスターで振り返ります。映像スペースでは、120インチのスクリーンで、宝塚歌劇にまつわる映像を上映、様々な角度から宝塚音楽学校・宝塚歌劇を堪能していただけます。

宝塚歌劇の舞台へ・・・笑顔いっぱいの卒業写真


昭和34年卒業 45期~103期までの卒業写真を展示。
あのトップスターの卒業写真がここに!!
モニターには、めったに見られない授業風景が・・・!


ここに宝塚歌劇の歴史あり!約830点の作品たち


大正13年の旧大劇場のこけら落としから、現在に至るまでの829点を展示。(H28.4.11現在)

歴代の作品の数々に圧巻です。貴方のお気に入りの作品はどれですか?


記念写真はこちらでどうぞ


有名作品の衣裳の前では、記念撮影OKです。
雪組公演 『ナルシス・ノアールⅡ』 衣裳を展示中!
(2013年全国ツアー)
                  
衣裳の前で思い出をパシャリ!


入場時間・入場料金・オリジナルグッズ


入場時間
午前10時~午後4時30分(受付は4時まで)
休館日 毎週水曜日・年末年始

入場料
一 般 300円(200円) 中高生 200円(100円) 小人100円(50円)
 ()は団体料金(10名以上から)
•身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示の場合は、無料。
•上記手帳所持者が必要とする介護人は、無料(手帳所持者1人につき1人)
•のびのびパスポート、ひょうごっ子ココロンカード提示の場合は無料。


薔薇ハンカチはいかがでしょうか?
宝塚文化創造館のオリジナル「すみれ♪薔薇ハンカチミュージアムロゴ入り・タオルハンカチ」です。
ロマンチックなバラのかたちに折ってあります。色はレッドとブルーの2色。
1個350円(税込)/3個セット1000円(税込)
お得な「すみれ♪ミュージアム」入場券とのセットは600円です。(団体は500円です。)

下見について

学校の遠足や団体見学の前の下見を希望される場合は、事前にお電話にて
下見の希望予約を受付いたします。
詳しくは、宝塚文化創造館(0797-87-1136)まで。

運営/(公財)宝塚市文化財団
協力/阪急電鉄株式会社 宝塚歌劇団 (公財)阪急文化財団 株式会社宝塚クリエイティブアーツ 株式会社宝塚舞台