VJE

Vega Junior Ensemble(VJE)とは


「音楽のある街づくり」の新たなる取り組み


 宝塚市は、「音楽のある街づくり」を掲げ、昭和55年に全国に先駆けて音楽専用ホールのベガ・ホールを建設し、また、宝塚ベガ音楽コンクールや宝塚国際室内合唱コンクールの開催をはじめ多彩な文化事業を実施し、住民の皆様の文化活動のバックアップ及び音楽文化の発展・向上に努めてまいりました。さらに平成6年度には宝塚市文化振興財団が設立され、より充実した文化活動を展開しようとしておりました。
 その矢先、平成7年1月にあの阪神・淡路大震災が勃発し、宝塚市も甚大な被害を蒙り、喫緊の課題である震災復興事業への取組みのため、宝塚市の文化事業予算については縮小を余儀なくされ、財団の活動も大きく後退せざるを得ませんでした。
 しかしながら、文化事業に対する住民の皆様の要望は強く、また特に、明日の活力となる次世代へのアプローチの必要性については論を待ちません。
 そのような環境、時代の流れの中で、財団では、地域の子どもたち、青少年の皆さんに、音楽活動を通して演奏する楽しさや、合奏による協調性、音楽を完成させたときの達成感を知ってもらうとともに、人と人との触れ合いや、演奏による地域社会への参加などを経験して欲しいと願い、2007年「ベガ ジュニア アンサンブル(VJE)」を設立致しました。

ベガ・ホールならではのアンサンブルを発信

 編成は、室内楽に最適な環境を持つベガ・ホールの特性を活かし、大規模なオーケストラではない、小編成のアンサンブルとします。
 ホールの特性に合った室内楽スタイルはまた、大オーケストラに比べより緊密なアンサンブルが要求されることから、“人と人との調和を学ぶ” 教育的な側面もより強くなると考えています。

過去の演奏 -YouTube-


VJE

  • 団員募集

    募集概要 ■募集パート ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス ■応募の条件 ○宝塚市内在住・在学...