タグ検索:宝塚学検定

タグを絞り込む : プレスリリース

第11回の宝塚学検定に向けた関連企画が始動!

10月5日にソリオホールで検定セミナー「合格への第一歩」を開催しました。
今回は、宝塚のまちの発信を考えるをテーマに、パネルディスカッションを実施。
文化や歴史、観光、広報で宝塚に携わるパネリストが自身の体験談や今後宝塚をどう発信していくべきかなどをディスカッション。
参加者からは「パネラーの意見交換が楽しく、興味深い話しがたくさん聞けました」などの感想があり、
有意義な時間になったようです。
最後は10問の模擬試験にチャレンジしました。
この後も、「まちあるき」、「スタンプラリー」、「試験対策講座」や「読書会」など実施します。
検定合格に向けて、ぜひ参加しませんか?


清荒神清澄寺を散策後、参道を下りながら秋を見つけましょう。

【スケジュール】
9:30~10:00  鉄斎美術館前広場で受付
10:00~11:30 清荒神清澄寺境内→清荒神参道→宝塚市立中央図書館
11:30~12:00 まとめ(宝塚市立中央図書館集会室)

【講師】
足立 勲(宝塚市自然保護協会顧問)
日本自然保護協会公認の自然観察指導員数名

【定員】
先着100名 ※要事前申込

【持ち物】
水筒、雨具、メモする物、虫取り網やカメラ(必要な方のみ)


宝塚学博士の会とは・・・
宝塚学検定にて、初級・中級・上級を経て見事「博士」の称号を取得した方々の会です。宝塚に関する豊富な知識を活かし、より多くの方々に宝塚の魅力を伝えることを目的として自主的に活動しています。

○「宝塚学博士の会」の活動目的
  (1)宝塚の街の魅力を紹介し、多くの方に宝塚への愛着を持ってもらう。
  (2)宝塚学検定への興味を持ってもらい、受検者の裾野を広げる。

○入会資格
  宝塚学検定にて「博士」を取得した方

○活動時期
  2013年4月~

○活動内容
 「街歩きグループ」「面白発見グループ」「PRグループ」の3グループに分かれて、自主的に月約1~2回のペースで会合を開いて活発に活動しています。

まち歩きグループ

<まち歩きグループ>
 宝塚の街の魅力を伝える為に、街歩きを企画運営しています。
 2013年度には「小浜宿まち歩き」を、2014年度には「西宮街道まち歩き」を実施しました。グループ内で何度も打ち合わせや下見を行い、企画段階からまち歩き当日の進行までを務めました。
 詳しい解説が、勉強熱心な参加者にも好評です。


小浜宿まち歩き(2013年12月7日(土))

西宮街道まち歩き(2014年12月6日(土))


面白発見グループ


 宝塚の興味のあることを掘り下げて、面白発見!図書館などで資料を集めたり、講師を招いてお話を伺ったり、実際に現地を歩いたりしています。調べた成果は資料としてまとめ、博士の会で発表したり、「宝塚マチ文庫」を作ったりしています。


講師による勉強会の様子

博士の会発表会(2014年11月8日(土))


PRグループ


 いかに「宝塚学検定」の魅力を伝え、いかに宝塚の魅力を知ってもらうか、を考えながら、PR活動を進めています。
 各自のネットワークを活用した個々のPRに加え、グループ内のアイデアから「宝塚学博士の会」の名刺を作成しました。また2014年度には「1万人のラインダンス」に参加し、チラシ配布などのPR活動を行いました。
 公式テキスト新版発行に伴う「読書会」の実施、図書館の貸し出ししおりに検定問題を載せてPRするなど、皆でアイデアを出し合って活動を行っています。


セミナーにて(2013年11月4日(月・祝))

読書会の様子(2015年11月14日(土))


宝塚歌劇や手塚治虫記念館で知られるこの街には、それ以外にも豊かな自然、歴史や文化を感じる古墳や名刹・古社、まちなみなどがあり、興味深いテーマがたくさんあります。
当検定は、このような宝塚の魅力についての知識を広め、宝塚への愛着を深めてもらうことを目的としています。