宝塚国際室内合唱コンクールNews

2018年度(第34回)は、ルネサンス・バロック部門、ロマン派部門、近現代部門、無差別級部門の4部門で実施しました。

◆総合1位
近現代部門 Wah Yan College Kowloon Boys’ Choir(香港)

◆総合2位
近現代部門 《EST》シンガーズ(三重県)

◆総合3位
近現代部門 Don Bosco Makati-Boscorale(フィリピン)

◆兵庫県知事賞(国内団体の最高位)
近現代部門 《EST》シンガーズ(三重県)

~ルネサンス・バロック部門~
銀賞 Wah Yan College Kowloon Boys’ Choir(香港)

銀賞 《EST》シンガーズ(三重県)

銀賞 Taipei Youth Choir(台湾)

銅賞 Lux Aeterna Vocal Ensemble(インドネシア)


~ロマン派部門~
金賞 Wah Yan College Kowloon Boys’ Choir(香港)

銀賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

銅賞 Coola~Cappella(韓国)


~近現代部門~
金賞 Don Bosco Makati-Boscorale(フィリピン)

金賞 《EST》シンガーズ(三重県)

金賞 Wah Yan College Kowloon Boys’ Choir(香港)

銀賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

銅賞 Taipei Youth Choir(台湾)

銅賞 男女.com(大阪府)

~無差別級部門~
聴衆審査特別賞 Don Bosco Makati-Boscorale(フィリピン)



講評


ジェニファー・タム

コンクールに参加された合唱団、その指導者のみなさん、長時間おつきあいいただいた聴衆のみなさん、こんにちは。
洲脇先生をはじめ、審査員のみなさん、そして宝塚国際室内合唱コンクール委員会のみなさん、ありがとうございました。審査員を代表して、このコンクールに関わらせていただいたことに感謝申し上げます。
このレベルの高いコンクールに参加されたみなさん、おめでとうございます。今年もハイレベルなコンクールとなりました。ですが、ルネサンス・バロック部門だけは違ったようです。
ルネサンス・バロック部門においては、演奏が少しロマンチックでレガート過ぎたと感じました。もう少し歌詞の内容に注意したらよかったと思います。歌詞の発音だけではなく、曲の方向性、フレーズの流れ、曲の特性に注意すれば、歌詞を通じて出てくるものがあるはずです。
またもう一つ、パートごとのバランスを考えたら良いと思います。パート間が同じように大きく、同じように美しく、演奏されるよう、注意を払われるとよいでしょう。そのバランスが、ポリフォニー、音程、曲の流れに深く影響します。
音楽の完成を目指すには、長くて遠い道のりがあります。みなさんの長い旅路に良いことがありますように。