宝塚国際室内合唱コンクールNews

2017年度(第33回)は、ルネサンス・バロック部門、ロマン派部門、近現代部門、無差別級部門の4部門で実施しました。

◆総合1位
ロマン派部門 IMUSICAPELLA(フィリピン)

◆総合2位
近現代部門 IMUSICAPELLA(フィリピン)

◆総合3位
近現代部門 VOCI BRILLANTI(愛知県)

◆兵庫県知事賞(国内団体の最高位)
近現代部門 VOCI BRILLANTI(愛知県)

~ルネサンス・バロック部門~
銀賞 《EST》シンガーズ(三重県)clear

銀賞 広域指定合唱団 青山組(東京都)clear

~ロマン派部門~
金賞 IMUSICAPELLA(フィリピン)clear

~近現代部門~
金賞 《EST》シンガーズ(三重県)clear

金賞 IMUSICAPELLA(フィリピン)clear

金賞 VOCI BRILLANTI(愛知県)clear

銀賞 Shanghai TMC Chamber Choir(中国)clear

銀賞 豊田市少年少女合唱団ユース(愛知県)clear

銅賞 Orphe Choirs(大阪府)clear

銅賞 Men's Vocal Ensemble“寺漢”(広島県)clear

~無差別級部門~
聴衆審査特別賞 IMUSICAPELLA(フィリピン)



講評


Gary GRADEN


合唱はとても骨の折れる芸術です。それは合唱が「精神」、「体」、「心」の完全なコンビネーションを要求するからです。音楽で表現するということは、体全体、頭をつかってすることであり、そして観客の心に届くような演奏をする、ということです。「精神」とは知性、探究心、知識をもって経験を積み、「体」とは声、呼吸、歌うテクニック、リズム、ダンスなどの表現であり、「心」とは情熱、表現力、愛をその音楽に捧げるものです。「精神」、「体」、「心」の3つのバランスがとれたとき、私たちは自由になり、飛び立つことができます。
 それではこのバランスを手に入れるためには何をすればよいでしょうか。たくさん勉強し、練習し、いろいろな音楽を聴き、コンサートやフェスティバルやコンクールに足を運び、文学や詩に親しみ、歌い、泣き、笑い、生きて愛することです。
 審査員を代表し、みなさまに「おめでとう」とお伝えしたいと思います。素晴らしいパフォーマンスを聴かせていただき、ありがとうございました。とてもレベルの高い演奏でした。みなさんの演奏は審査員、そして聴衆の心を打ちました。みなさん、自由になり、飛び立っていましたよ。
 最後に、共に審査員をつとめたみなさま、歌ってくださったみなさま、指揮、作曲、作詞の先生方、この素晴らしいコンクールを開催された主催者のみなさまに心より感謝いたします。ありがとうございます!