郵送でのお申し込みに加えて、インターネットでのお申し込みを受け付けます。お申し込み方法は以下をご覧ください。

〇インターネットでのお申し込み
 (1)予備審査応募フォームでエントリー
 (2)音源と演奏曲目(Excelファイル)をアップロード(CD-Rに入れて演奏曲目と共に郵送も可)
 (3)予備審査料を郵便振替にて送金

予備審査応募フォーム

【音源のアップロード方法】
Dropboxの「ファイルリクエスト」を使って、音源データをアップロードして下さい。
(1)音源データおよび演奏曲目ファイルにファイル名を付ける。(ファイル名の付け方を確認してください)
(2)Dropbox ファイルリクエストページで、「ファイルを選択」をクリック後、音源データおよび演奏曲目ファイルを選択してアップロードして下さい。
「ファイルリクエストサービス」の詳細はDropboxウェブサイトをご確認下さい。
※音源はwavかmp3形式のものに限ります。
音源等のアップロードはこちら

【ファイル名の付け方】
・音源 部門-団体名-曲番号
・曲目一覧(Excelファイル) 部門-団体名
※部門 
ジュニア部門・・・「j」 
シニア部門・・・「s」
同声部門・・・「e」
混声部門・・・「m」        
無差別級部門・・・「o」
※曲番号は、演奏曲目ファイルで振られている番号です。
(例)ジュニア部門に参加する宝塚合唱団の1曲目「j-宝塚合唱団-1.mp3」

【演奏曲目ファイル】


ファイルを開く

 ・申込書およびCD送付先(郵送の場合)
  〒665-0836  兵庫県宝塚市清荒神1-2-18
  宝塚ベガ・ホール 内 宝塚国際室内合唱コンクール委員会

 ・予備審査料の送金(郵便振替)
  郵便局備え付けの「郵便振替用紙」を使用し、通信欄に合唱団名、参加部門を記入すること。
  口座番号 00950-1-83030
  加入者名 (公財)宝塚市文化財団



In addition to application by mail, you can also apply for preliminary audition online.
Please read “How to enter preliminary audition” below.

★How to enter preliminary audition online
1.Fill in the application form below and submit it.
2.Upload sound files and repertoire list (in excel format) using Dropbox. Or send a recorded CD-R with a repertoire list to the contest committee by post.

Application form

★How to upload your sound files
Please upload your sound files through a file request page of Dropbox.
(1)Store the files and repertoire list with the names according to the rule.
(Please read "How-to-create your file name").
(2)In the file request page, click “choose files” and upload your sound files and an excel file of your song list.
*You can choose your language from the button in the bottom right corner of this page.
For details, please see Dropbox website.
*Sound file must be “wav” or “mp3”.
Start uploading from here.

◆How-to-create your file name
Sound files should be named in the following order: Section – Choir name – song number**
Repertoire list(excel) file should be named in the following order: Section – Choir name
**Song number should be given in the same order as in the repertoire list.

◆Section
CHILDREN’S & YOUTH CHOIR・・・j
SENIOR CHOIR・・・s
EQUAL VOICE CHOIR・・・e
MIXED VOICE CHOIR・・・m
OPEN CATEGORY・・・o

Sample: First song by Takarazuka Choir who enter Senior Choir section
s-Takarazuka choir-1.mp3


ファイルを開く

Repertoire List

★The address to send the repertoire list and CD-R (by POST):
Takarazuka International Chamber Chorus Contest (TICC) Committee
c/o Takarazuka Vega Hall
Post code:665-0836
1-2-18 Kiyoshi-kojin, Takarazuka city, Hyogo prefecture, Japan



宝塚国際室内合唱コンクールとは

English


合唱の原点といえる“少人数による室内合唱”の普及、また、音楽を通した国際交流の推進に資する目的で、1984年から開催している「宝塚国際室内合唱コンクール」。金、銀、銅賞と総合1位~3位を目指して競います。合唱を愛する人々が、国境を越え、聴衆も一体となって音楽の楽しさを分かち合う、宝塚から発信する合唱の祭典です。


第36回宝塚国際室内合唱コンクール


コンクール
2020年7月18日(土)、19日(日)
各日午前10時開始

グランプリコンクール
2020年7月19日(日)
午後1時開始

開催部門
◆ジュニア部門
◆シニア部門
◆同声部門
◆混声部門
◆無差別級部門

会場
宝塚ベガ・ホール (阪急電車 宝塚線 清荒神駅前)

主催
宝塚市、(公財)宝塚市文化財団、宝塚国際室内合唱コンクール委員会

後援(予定)
兵庫県、宝塚市教育委員会、朝日新聞社、NHK神戸放送局
全日本合唱連盟、兵庫県合唱連盟、宝塚市国際交流協会、宝塚合唱連盟


協力




第36回宝塚国際室内合唱コンクール〈2020.7.18-19〉

第36回応募要項

予備審査応募要項

(1)コンクール出場メンバーにより録音・録画すること。(2019年3月1日以降に録音・録画したものに限る。)
(2)ステレオ録音に限る。郵送の場合はCDを使用すること。また、各曲にトラックマークをつけること。
   (※1曲ずつトラックを分けてください。)
(3)演奏時間は3分以上12分以内(無差別級部門は3分以上6分以内)とする。曲目・曲数は自由であるが、
参加する部門の曲を演奏すること。なお、コンクールにおいて演奏する曲目でなくてもよい。
(4)録音の仕方は自由であるが、録音条件(録音年月日・録音会場)を明記すること。
(5)人数や演奏時間などが規定に沿っていない場合や、各部門で定められた設定に沿わない曲目が提出さ
れた場合は予備審査の対象となりません。また、申込期限を過ぎた応募はいかなる理由でも受け付けません。

郵送またはインターネットでお申し込みいただけます。
・郵送でお申し込みの場合
(1)CD及びケースには団体名を明記すること。
(2)CDは返却しない。
(3)予備審査申込書に必要事項を記入の上、CDとともに下記住所まで送ってください。
なお審査料は郵便振替にて送金ください。
・インターネットでお申し込みの場合
(1) 予備審査応募フォームでエントリー
https://takarazuka-c.jp/ticc
(2)音源と演奏曲目(Excelファイル)をアップロード(CD-Rに入れて演奏曲目と共に郵送も可)
(3)予備審査料を郵便振替にて送金

◆審査料   1部門につき2,000円

◆送金方法  〈郵便振替〉
郵便局備え付けの「郵便振替用紙」を使用し、通信欄に合唱団名、参加部門を記入すること。
口座番号 00950-1-83030  加入者名 (公財)宝塚市文化財団
〈ゆうちょ銀行以外の金融機関をご利用の場合〉
銀行名 ゆうちょ銀行 金融機関コード9900 店番099 預金種目 当座
店名 〇九九店(ゼロキユウキユウ店) 口座番号 0083030

◆申込期限  2020年1月31日(必着)  審査結果は3月上旬頃に通知する。

【お問い合わせ、申込書・CD送付先】
〒665-0836 兵庫県宝塚市清荒神1-2-18
宝塚ベガ・ホール 内 宝塚国際室内合唱コンクール委員会
Tel:0797-84-6192 Fax:0797-84-9772
e-mail:ticc@takarazuka-c.jp


ファイルを開く

ダウンロードファイル(予備審査申込書)




第36回宝塚国際室内合唱コンクール 概要

◆日 時
コンクール   
2020年
7月18日(土)10:00~(シニア、同声、混声、無差別級)
7月19日(日)10:00~(ジュニア)
グランプリコンクール
7月19日(日)13:00~

◆会 場 
宝塚ベガ・ホール

◆主 催
宝塚市・(公財)宝塚市文化財団・宝塚国際室内合唱コンクール委員会

◆後援(予定) 
兵庫県、宝塚市教育委員会、全日本合唱連盟、朝日新聞社
NHK神戸放送局、兵庫県合唱連盟、宝塚市国際交流協会、宝塚合唱連盟

◆開催部門    
ジュニア、シニア、同声、混声、無差別級の5部門

◆参加資格

【ジュニア部門】
・人数 8名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢 19歳以下(2001年4月1日以降生まれ)
・混声、女声、男声を問わない
・演奏時間 曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料20,000円+個人登録料1人1,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月19日開催のジュニア部門入場券を含む、ただしグランプリコンクールは含まない

【シニア部門】
・人数 8名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢 50歳以上(1970年3月31日以前生まれ)で、メンバーの平均年齢が60歳以上であること
・混声、女声、男声を問わない
・演奏時間 曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【同声部門】
・人数 8名以上20名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・女声または男声
・演奏時間は曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【混声部門】
・人数 8名以上20名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・混声
・演奏時間は曲間を含み8分00秒以上12分00秒以内とする
・演奏条件
a) ルネサンス・バロック、古典派またはロマン派(1900年以前)の作品を1曲以上演奏すること
b) 無伴奏作品を必ず1曲以上演奏すること
・参加費:
団体登録料30,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む

【無差別級部門】
・人数 4名以上24名以下の合唱団。指揮者及び伴奏者を含まない。
・年齢制限なし
・混声、女声、男声は問わない
・演奏時間は曲間を含み6分00秒以内とする
・演奏条件
a) なし(自由)
・参加費:
団体登録料10,000円+個人登録料1人3,000円(指揮者・伴奏者含む)
個人登録料には7月18日開催のコンクール入場券を含む
・無差別級部門のみ聴衆審査

メンバーは同一部門内の複数の合唱団に参加することはできない。ただし、指揮者及び伴奏者はこの限りではない。

◆伴奏楽器    
ピアノは用意する(内部奏法等の特殊奏法はお断りします)。
その他の楽器を使用する場合は事前にコンクール委員会の許可を得ること。

◆表   彰   
コンクールの各部門ごとに金、銀、銅賞を授与し、グランプリコンクール出場団体のうち、
総合で第1位(50万円)、第2位(30万円)、第3位(10万円)に賞金を授与する(無差別級部門を除く)。
(第1位~3位の受賞団体は重複しない。)
グランプリコンクール出場団体のうち、最高位の国内団体に兵庫県知事賞を授与する。
シニア部門の最も優れた団体に「宝塚市長賞」を、ジュニア部門の最も優れた団体に「宝塚市教育長賞」を授与する。
無差別級部門は、最も得票数の多かった団体に「聴衆賞」を授与する。 

◆グランプリコンクール
出場団体 各部門より2団体程度(無差別級部門を除く)
出場人数 各部門の規定人数を上限とする
演奏曲目 予選で演奏した曲とは異なる曲を1曲は入れる(予選での演奏条件は必須ではない)
演奏時間 15分以内
※出場団体として選出された団体は、7月19日に行われるグランプリコンクールに参加すること。

◆予備審査 
予備審査をコンクール委員会で行い、コンクール出場の可否及び出演順を決定する。

◆音楽著作権使用料 
コンクールで演奏される曲目の音楽著作権使用料(消費税含)は、その総額を均等に按分のうえ、全団体 
で負担する。

◆審査員(ABC順)
松村 努、向井 正雄、なかにし あかね、斉田 好男、洲脇 光一、Chia Fen Weng、ほか1名(予定)

◆その他  
(1)コンクール委員会は、宝塚市内で活動する団体に対して出場枠を設けることができる。
(2)ピアノのピッチは442Hzで用意する。


2019年度(第35回)は、ルネサンス・バロック部門、ロマン派部門、近現代部門、無差別級部門の4部門を実施しました。

◆総合1位
近現代部門 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

◆総合2位
近現代部門 Taichung Chamber Choir(台湾)

◆総合3位
近現代部門 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)

◆兵庫県知事賞(国内団体の最高位)
近現代部門 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)


~ルネサンス・バロック部門~
金賞 Taichung Chamber Choir(台湾)

金賞 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

銀賞 室内合唱団”零”(広島県)


~ロマン派部門~
銀賞 Ensemble Carpe Diem(兵庫県)

銅賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

銅賞 安積合唱協会(福島県)


~近現代部門~
金賞 Taichung Chamber Choir(台湾)

金賞 Mixed Choir MASKA(ラトビア)

銀賞 清教学園中・高等学校合唱部(大阪府)

銅賞 ばーれんこーる(長野県)

銅賞 室内合唱団”零”(広島県)

銅賞 Ensemble Mikanier(和歌山県)

~無差別級部門~
Youth Chamber Chorus of the schola cantorum weimar(ドイツ)



審査講評


Brady Allred

このコンクールの審査に加わりましたことを光栄に思います。
代表して、審査員一同の意見をのべさせていただきます。

35年間続いているこの宝塚のコンクールですが、とても高いレベルを保っていると思います。コンテストに参加するため、曲を学び、準備することで、合唱団のレベルを押し上げていると思います。
皆様の更なるレベルアップのために、審査員一同のコメントをお話します。
まず、ロマン派についてですが、言葉を勉強し、正しい発音(母音・子音)をしてください。それは、曲の理解・色付け・フレーズに影響します。他の時代についても当たるのですが、全ての時代、一言一言の意味を理解することが感情に影響します。例えば、「痛い」という歌詞で、微笑みながらでは歌えないようなことです。世界中、どこでも大切なのは音程です。和声・ハーモニー・音のバランスも大切です。
次に、指揮者の皆様にですが、いい耳を持ってください。特に加えられた音のバランスを聴く耳を持ってほしいと思います。そして、テクニックで音楽を示してください。良い合唱は、どのような様式・言葉でも表現できます。ですので、言葉の勉強をしてください。

ありがとうございました。


コンクール前夜を賑やかに盛り上げます。
17:40~ 御殿山中学校コーラス部
17:52~ Youth Chorus of the schola cantorum weimar(ドイツ)
18:05~ 宝塚少年少女合唱団
18:12~ Mixed Choir MASKA(ラトビア)
18:24~ Taichung Chamber Choir(台湾)