宝塚文化創造館

宝塚音楽学校旧校舎



名誉館長 岡田敬二 挨拶


本年7月15日、宝塚文化創造館は開館10周年迎えます。
宝塚の文化と芸術を発信する拠点としての活動を今後も続けていく所存です。
お陰様で「タカラヅカ・ノスタルジックコンサート」や「元気な長寿の仲間たち展(80歳・90歳代の絵画・写真展)」などのイベントも定着し毎回好評をいただいております。音楽学校と宝塚歌劇の歴史を伝える「すみれ♪ミュージアム」も日本全国からお客様がいらっしゃり、最近では、台湾、中国、韓国、シンガポールなど東南アジアの方たちもいらしてくださっております。
どうぞ、今後とも宝塚文化創造館をよろしくお願い申し上げます。


名誉館長 岡田敬二 (宝塚歌劇団 演出家)


宝塚文化創造館開館10周年記念事業 -----------------------------------



● すみれミュージアム企画展『街と宝塚歌劇~阪急沿線 駅ごとの風景』(4月24日から)…後日更新
● 開館10周年記念 スペシャルイベント タカラヅカ トーク&ライブ(7月3日・4日開催)…第一報公開中
● 宝塚文化創造館 ロゴマーク募集(7月15日~9月10日募集開始)…後日更新
● 開館10周年記念 タカラヅカ・ノスタルジックコンサート(12月5日開催予定)…後日更新


開館10周年記念 スペシャルイベント タカラヅカ トーク&ライブ(7月3日・4日開催)


最新情報!!



宝塚文化創造館開館10周年記念イベントとして、宝塚文化創造館 名誉館長の岡田敬二とゲストに北翔海莉さんをお招きしてトークショーとコンサートをお贈りします。

出演)岡田敬二 北翔海莉 美苑えりか 毬穂えりな  
   崔勝貴  佐々木英里奈 平瀬光代 

【開催日時】 2021年 7月3日(土)14:00~16:00  7月4日(日)11:00~13:00 15:00~17:00
【入場料】  前売5,000円(当日5,500円) 友の会4,000円【全席指定】
【チケット抽選販売】 友の会 5月10日(月)~5月21日(金)
           一般  5月18日(火)~5月27日(木)
           ※ネットのみで受付。 5月27日(木)からライブ配信チケットも販売します。          


イベントの詳細・チケット購入はこちら

『スペシャルイベント タカラヅカ トーク&ライブ』のライブ配信を視聴できるクーポンがもらえるキャンペーン!

協力会員入会キャンペーン!宝塚の文化を一緒に育てませんか?

ご存じですか!タカラティエならホテル宿泊が10~20%引き!
ホテル若水・宝塚ワシントンホテル・宝塚ホテルが割引になります。
詳しくは特典ページをご確認ください。


宝塚文化創造館の事業 -----------------------------------


宝塚文化創造館では『宝塚文化の発信の場』となるようさまざまイベントを市民の皆様や芸術家、各団体と創造(想像)し実施してきました。この10年間で皆様と形にしてきましたものの一部をここではご紹介いたします。


元気な長寿の仲間たち展『80歳・90歳代の絵画・写真展』


2011年10月に第1回を実施し、その後、毎年『敬老の日』の目玉イベントとなりました。
元気な参加者のパワーが、展示作品から伝わってくる展覧会。作品の横に展示している一言コメントには、作品のエピソードや人生に対する想いなど、さまざまなコメントが寄せられ、見る人に年を重ねる大切さを感じさせてくれます。毎年、力作がそろい見る人に元気をくれます。


懐かしの活弁ライブ!活弁映画へようこそ!


最後の活動弁士と言われる井上陽一氏を招いて、2014年『瞼の母』からスタートした人気企画。
残念なことに、井上陽一氏は、今年(2021年)2月9日、肺炎のため死去されました。(享年82歳)
井上さんは、映写技師として働きながら、無声映画に語りや解説を当てる活動写真弁士の故浜星波氏に師事。1979年から各地の映画祭や上映会などで公演を続け、活躍されておりました。昨年の11月28日での当館開催が、生涯最後のお仕事となりました。
今年度は、6月に井上陽一さんを偲んだ企画として、活弁と映画『最後の活動弁士 井上陽一の世界』をお届けする予定です。



『最後の活動弁士 井上陽一の世界』2016年
「井上陽一の世界」映画製作委員会
製作/鵜久森典妙 監督/高橋一郎 撮影/原ひろし 出演/井上陽一


ハートフル避難訓練コンサート


2013年からスタートした企画。
『コンサート中に火災や地震が起きたら… 』 実際のコンサート中に、災害が発生します。
地元のアーティストのご紹介と、宝塚市花のみち自治会を含め実際の避難訓練になり、劇場のハード面、ソフト面の災害時のシミュレーションともなるため、積極的に取り組んできました。全国的に、避難訓練コンサートが流行っていますが、実際に演奏中に避難し、地元の自治会と協働するコンサートスタイルは、宝塚文化創造館が兵庫県で最初です。
毎回、コンサートの前には、今見ていただきたい映像として、地震・大雨などの上映も行ったり、バケツリレーの体験や非常食の試食、電気自動車での防災活用、シェイクアウト訓練など、様々な角度から防災について取り組んできました。

この企画から『シェイクアウトのうた』『宝塚ぼうさい劇場』が生まれました。


ワークショップ事業


宝塚歌劇OGが教えるメイク体験


忍者体験『屋敷の封印をとけ』

忍者体験「封印をとけ」


舞台照明ワークショップ


『宝塚文化の発信』をキーワードに、文化創造館の講堂・バレエ教室・日舞教室を利用した舞台芸術ワークショップを実施してきました。舞台上のプレイヤーのノウハウとして、舞台メイクや殺陣、フラメンコ、日本舞踊、ヒップホップ。またバックステージのノウハウとして大道具、音響、照明等、幅広く舞台芸術に触れてもらえるよう様々なワークショップを開催いたしました。
今年度は、『宝塚歌劇舞台人に学ぶ 仮面をつくろう』を計画しています。


みんなでイベント体験 イベントを創ろう!


イベントづくりのワークショップ
市民がイベント制作の基礎と実技を学び、実際のイベントに運営に携わりながらイベント企画・運営のノウハウを学んでいただきました。
企画書の書き方、アイデアの出し方、コンサートの制作、展覧会の制作、ワークショップの制作のほか、野外イベントの注意点やライブ配信についてなど時代の変化にも合わたノウハウを提供しています。
修了後には、ボランティアとしてイベントに従事いただいております。


関連しているエントリー