宝塚文化創造館のホール・レッスンルームの仕様 

宝塚文化創造館とは?

宝塚文化創造館とは?
昭和10年に建てられたモダニズム様式の建物で、昭和12年から宝塚音楽学校本校舎として使用され、戦前戦後を除き、平成10年までの約45年間にわたって、多くの卒業生を送り出してきました。創設者である小林一三氏が唱えた「清く 正しく 美しく」の理念のもと、長年にわたって営々と引き継がれてきた活動の痕跡は、建物内部の階段など至る所に残されており、その事跡的価値は建築史や文化財の研究所から評価されています。
ivy
この旧校舎が宝塚歌劇の舞台に上がる人材を育てる教育訓練の場として長年使用されてきたことを踏まえ、舞台芸術に関わる市民の活動の場として、新たな宝塚文化の発信の場となることを目的としています。

講堂(文化交流ホール)

ライト青舞台講堂(文化交流ホール)

宝塚音楽学校時代、入学式や卒業式が執り行われた思い出の深い講堂大ホールです。 レトロな照明は当時のまま、今も舞台芸術に携わる舞台人たちを暖かく照らします。
ivy

 
 

 舞台機構: 215.8m2 定員180名(レイアウトにより異なります。)
 舞台寸法: 間口10.8m、奥行4.8m、高さ60cm、天井3.4m(フラット時4m)
         バタフライ式 1.2m X 2.4m X 18枚
         アクティングエリア 間口8.4m×奥行4.8m
 緞帳なし
 バトン・・・4本(固定)、照明、袖幕共吊り

 客席数・・・通常102席 フラット180席 スタッキングチェア
 (ホールのご利用形態によって客席数は増減します。)

 楽屋1 定員6名
 楽屋2 定員6名

                      舞台図
舞台図3





 

バレエルーム・日舞教室

バレエ教室

バレエ2150m2 定員35名 クッションフロア

宝塚音楽学校時代に往年の宝塚歌劇団のスターが練習で汗を流した由緒あるバレエレッスンルーム。

社交ダンスやヒップホップなど様々なダンスの練習に利用されています。

 

日舞教室

76m2 定員18名文化創造館日舞

隅々まで手入れの行き届いた美しい板の間。
日舞、伝統芸能のお稽古に最適です。

また少人数のヨガやピラティスのレッスンルームとしての利用もいかがでしょうか?