第59回宝塚市展takarazuka

会期(展示)

2016年 1月22日(金)~26日(火)
午前10時~午後6時 (最終日26日は午後3時まで)

宝塚市立文化施設 ソリオホール
宝塚市栄町2丁目1-1 ソリオ1・3F
TEL :0797-81-8200

入場無料


主催  宝塚市・(公財)宝塚市文化財団
後援  宝塚市文化連盟

部門・規格

洋画、彫刻・立体造形、写真、デザイン、書、工芸、日本画

【洋画】
具象的なもの(一部)、抽象的なもの(二部)の両方とも、
10号(53×33.4cm)以上100号(162.1×162.1cm)以内とします。
組作品の場合は、1つの額装に収めてください。
また、額装は簡易額装のこと。(高価な物はさけてください。)

【彫刻・立体造形】
床面180cm四方におさまるものとします。

【写真】
半切(35.6×43.2cm)またはA3ノビ(32.9×48.3cm)以上、
全紙(45.7×56.0cm)以内、パネル張り又は額装とします。
組写真は半切またはA3ノビ3枚以内をレイアウトしてください。
上記以外は不可とします。

【デザイン】
平面作品は、ポスターはB全紙以内、他の作品は200×200cm以内とします。

【書】
半切(35×135cm)以内で枠張り又は額装形式(縦横自由)のものに限ります。
軸装は不可とします。
てん刻作品は2顆以内の印影を1点とし、仕上がりの寸法は30×39cm以内の
枠張りか額装形式のものとします。
軸装は不可とします。
楷書による読み下し文(所定用紙)を付けてください。

【工芸】
立体作品は床面180cm四方におさまるもの、
平面作品は200×200cm以内とします。
種類は問いません。
ただし、手芸に準じるもの、魚拓、珍木、盆石等は除きます。
必ず正面を明記したレイアウト図(所定用紙)を付けてください。
 
【日本画】
10号以上100号以内で額装形式のものに限ります。
軸装及び屏風は不可とします。

作品募集要項

【応募資格】
16歳以上 (宝塚市民に限りません。)
                                           
【出品料】
1,500円   ※出品は1部門1点限りとします。

【日程】
作品搬入(受付)
(作品募集要項に必要事項をご記入の上、作品・出品料と共にご持参ください。)
※募集要項設置場所/宝塚市文化財団、市内公共施設など
1月15日(金) 午後1時~5時
     16日(土) 午前10時~午後3時

結果通知
1月18日(月)発送のハガキで通知します。
電話による問い合わせはご遠慮ください。

表彰式
1月23日(土) 午後1時から
男女共同参画センター会議室で行います。
市展賞から奨励賞までの受賞者のみご参加ください。

講評
1月23日(土)
午後2時15分~4時(洋画、写真)
午後2時15分~2時45分(彫刻・立体造形、デザイン)
午後2時15分~3時15分(書、工芸)
午後2時45分~3時45分(日本画)
審査員による講評を会場で行います。

搬出
■選外作品
会期中に会場で返還します。
1月22日(金)~1月26日(火)の午前10時~午後6時
■入賞・入選の展示作品
会場で返還します。             
1月26日(火)午後3時30分~午後7時までの間
※返還期間、時間を過ぎた場合、作品の保管責任は負いません。

【展示】
審査の上、入賞・入選作品を展示します。

賞・審査員

【各 賞】予定
市展賞 (7万円) 8点
優秀賞 (3万円) 14点
鉄斎美術館賞 (2万円) 7点
奨励賞 (1万円) 14点
佳作 若干


【審査員】
■洋画
田川絵理・辻 司・中辻悦子・藤井達矢・藤井人史・西田周司・森本紀久子
■彫刻・立体造形
大野良平・辻 弘
■写真
林 直・三原 浩・室田あい・吉野晴朗

■デザイン
相澤孝司・平川義浩
■書
幣原蘭江
・西山隆崖・山下啓明・米 幸峰
■工芸
香川弘一・牧野聖子
■日本画
潮見冲天・松尾喜久子・山市良子

お問い合わせ

(公財)宝塚市文化財団 市展係

〒665-0845 宝塚市栄町2丁目1番1号 ソリオ1(3階)
TEL  0797-85-8844
FAX  0797-85-8873
Email  info@takarazuka-c.jp